頬のたるみの原因

| 未分類 |

頬のたるみが、加齢によって目立ったきたと感じている人がいるといいます。なぜ、年の経過と共に頬のたるみが目につくのでしょう。人間の肌が、加齢と共に老けて見えるようになるのは、重力方向に頬などがたるんでくるためです。鏡で自分の顔をチェックしたときに、目の下や鼻の横あたりの頬の毛穴が開いて見えたら要注意です。

 

手のひらで頬を持ちあげた時に毛穴が小さくなるようなら、たるみの証拠です。肌が弾力がなくなってくると、それが原因でたるみが目立つようになります。肌の張りに関係していたコラーゲンが、紫外線を浴びるなどの理由で減少すると肌がたるむようになります。顔には、表情をつくるための表情筋が張り巡らされていますが、年を取って表情筋の力が弱まるとたるみやすくなります。

 

表情筋も筋肉ですから、つかわないでいると筋力低下の原因になります。日常生活のあらゆるしぐさがたるみの原因になっていることもあります。頬杖をつくと肌にかなり負担をかけることになります。眉間にしわを寄せるくせや、口もとをへの字に曲げる癖なども存在しているでしょう。口もとが下がっていると、時間がたつにつれてほおのたるみは進行します。毎日の生活で頬のたるみの要因になっていることをしていないか確認することが、まずはほおのたるみ対策になります。