剥がれないつけ爪のつけ方

| 未分類 |

どうしても市販のつけ爪ははがれやすいものです。

 

人によって爪の形が微妙にちがうので、種類の少ないつけ爪は合わない方もいます。

 

サロンにいくと何種類か置いてあるので、自分の爪にあったものが見つかるかもしれませんが。

 

そのため、楽器を使う方や水仕事の多い方は、特につけ爪は剥がれやすくて困ってしまいますよね。

 

剥がれにくくするには、接着剤だけだと粘着力が弱いので、両面テープを使うのがいちばん手っ取り早いでしょう。

 

真中が浮いてしまったり、隙間ができてしまうかたは、テープを二重にして貼っても効果的です。

 

剥がれるときもチップ゚だけはがれるので、テープなら爪に負担をかけずにすみます。

 

また、テープを張る前に石鹸であらうだけでなく爪の表面を除光液で拭いて皮脂をとっておくと、テープが剥がれにくくなります。

 

100円ショップのつけ爪用の両面テープを利用すれば、1日はもちます。

 

強力粘着剤もありますが、剥がす時が大変かもしれません。

 

あとは、予防策としてなるべく水でぬらさないようにするのと、爪の粘着に気を配っていつも押してくっつけるようにしておくしかないですね。