» 未分類のブログ記事

頬のたるみを気にする人は多いようです。頬がたるんでいると、それだけで老いて見えます。頬のたるみは、年を取ればどうしても出てきてしまいますが、食い止められるなら止めたいものです。様々な要因があわさって頬のたるみはできますが、原因の一つに表情筋の衰えがあります。表情筋を鍛えることで頬のたるみを防ぐことができるでしょう。表情筋を強化するストレッチをするといいでしょう。

 

表情筋が増強されれば、顔の代謝もよくなりたるみも解消されます。本を読んだり、テレビを見たりしている時にできる気軽なストレッチなので、ぜひ継続しましょう。人間の顔には、耳の下から唇にかけて筋肉があり、ここを鍛えていきます。まず、口をひょっとこの口のようにしてから頬をすぼませ、五秒間数えます。それから、口に空気をためていきほおをめいっぱい膨らませます。いっぱいになったら5秒おき、ゆっくり戻します。毎日ストレッチを行えば、徐々に頬のたるみが目立たなくなっていきます。

 

口で呼吸をする癖がある人は、できるだけ口を閉じるようにします。口を縦に大きく開きくちびるを前に突出して5秒キープ。次いで、正面から唇が見えなくなるまで口の中に巻いていって、そのまま5秒数えるとストレッチになります。頬のたるみを減らし、老けて見えない顔立ちになるためには、時間のある時にも顔のストレッチをこまめに行ってみるといいと言われています。

 

 

 

頬のたるみ解消マッサージ

| 未分類 |

a0002_009249

 

人間の顔は、加齢などの影響で頬のたるみがひどくなると、そのぶん年を取って見えるといいます。頬のたるみ対策を行うことが、肌の若さをキープするためには大事です。毎日顔をマッサージすることが、頬のたるみ対策によいといいます。普段ファンデーションを塗るときや、化粧水などで肌をお手入れするときにはいつも意識して下から上、内から外へ手を動かしましょう。

 

肌に触れる時の手つきを変えるだけでも効果は変わってきます。時間に余裕がある時はたるみ解消のためにマッサージクリームを使いましょう。マッサージで皮膚にしわができないよう、力加減をすることも肌のためには大事です。マッサージをする時は、肌を手で引きすぎないように注意をしましょう。うずまきを描くように、内側から外側に向けてマッサージをすることで、頬の代謝を促進し、たるみ解消が可能です。

 

人によっては、マッサージに時間を費やすほどのスケジュールの隙がなかったりします。メイクを落とすクレンジングのときに同じような指の動かし方で頬のマッサージをしてみましょう。基本は下から上、内から外です。この動かし方を会得できれば、誰でも手軽にマッサージができます。ポイントは、気長にマッサージの習慣を続けることです。頬のたるみ取りマッサージで、若さをキープしていきましょう。

 

 

 

 

 

頬のたるみの原因

| 未分類 |

頬のたるみが、加齢によって目立ったきたと感じている人がいるといいます。なぜ、年の経過と共に頬のたるみが目につくのでしょう。人間の肌が、加齢と共に老けて見えるようになるのは、重力方向に頬などがたるんでくるためです。鏡で自分の顔をチェックしたときに、目の下や鼻の横あたりの頬の毛穴が開いて見えたら要注意です。

 

手のひらで頬を持ちあげた時に毛穴が小さくなるようなら、たるみの証拠です。肌が弾力がなくなってくると、それが原因でたるみが目立つようになります。肌の張りに関係していたコラーゲンが、紫外線を浴びるなどの理由で減少すると肌がたるむようになります。顔には、表情をつくるための表情筋が張り巡らされていますが、年を取って表情筋の力が弱まるとたるみやすくなります。

 

表情筋も筋肉ですから、つかわないでいると筋力低下の原因になります。日常生活のあらゆるしぐさがたるみの原因になっていることもあります。頬杖をつくと肌にかなり負担をかけることになります。眉間にしわを寄せるくせや、口もとをへの字に曲げる癖なども存在しているでしょう。口もとが下がっていると、時間がたつにつれてほおのたるみは進行します。毎日の生活で頬のたるみの要因になっていることをしていないか確認することが、まずはほおのたるみ対策になります。

 

 

 

 

剥がれないつけ爪のつけ方

| 未分類 |

どうしても市販のつけ爪ははがれやすいものです。

 

人によって爪の形が微妙にちがうので、種類の少ないつけ爪は合わない方もいます。

 

サロンにいくと何種類か置いてあるので、自分の爪にあったものが見つかるかもしれませんが。

 

そのため、楽器を使う方や水仕事の多い方は、特につけ爪は剥がれやすくて困ってしまいますよね。

 

剥がれにくくするには、接着剤だけだと粘着力が弱いので、両面テープを使うのがいちばん手っ取り早いでしょう。

 

真中が浮いてしまったり、隙間ができてしまうかたは、テープを二重にして貼っても効果的です。

 

剥がれるときもチップ゚だけはがれるので、テープなら爪に負担をかけずにすみます。

 

また、テープを張る前に石鹸であらうだけでなく爪の表面を除光液で拭いて皮脂をとっておくと、テープが剥がれにくくなります。

 

100円ショップのつけ爪用の両面テープを利用すれば、1日はもちます。

 

強力粘着剤もありますが、剥がす時が大変かもしれません。

 

あとは、予防策としてなるべく水でぬらさないようにするのと、爪の粘着に気を配っていつも押してくっつけるようにしておくしかないですね。

 

 

 

人気のネイルデザイン

| 未分類 |

人気のネイルデザインといってもいちがいにコレといえるわけではありません。

 

やはりそれぞれの好みや個性、年代によって人気のネイルデザインは違ってきます。

 

遊び心でするなら、いま流行りのオリジナルネイルがお薦めです。

 

彼氏やペット、自分の子どもなどの写真や好きなイラストを印刷して貼るだけの簡単なネイルです。

 

あまりファッショナブルとはいえませんが、楽しくなれるネイルだと思います。

 

通販で注文できるのでお手軽ですね。

 

ネイルデザインは、グラデーションをつけて濃い色にしていくネイル、爪の付け根の半月あたりに違う色を塗るフレンチネイル、爪の先に異なる色を2色にしてぬるダブルフレンチネイル、斜めに色を入れるタイプ、形をアレンジして二色に塗るフレンチネイルなども人気です。

 

少し色に変化をつけたい方にいいでしょう。

 

他 にもドットの柄を前面に塗るネイル、二色のカラーを混ぜて作るマーブルネイル、とても手間のかかるチェック柄を爪の全面に塗るチェックネイル、アクリル絵 の具を使って描くペイントネイル、ラインストーン、3Dパーツなどを使う立体的なネイルアートなど、かなり上級者向けのネイルもあります。

 

ちなみに今年のトレンドは、ドット柄です。

 

 

 

マネキュア人気色

| 未分類 |

マネキュアの色は季節やファッションなど、TPOに合せて変えることを考えると、数種類持っていると便利ですね。

 

その日の気分によって、マネキュアの色を変える事もとても大事です.
女子の間でマネキュア人気の色といったら、やはりピンク系がダントツです。

 

ピンクといっても、桃色、ローズピンク、紫ピンク、桜色、藤色、キラキララメ色ピンク、サーモンピンク、ベージュピンク、オレンジピンク…とあげたらきりがありません。

 

それぞれ自分の定番ピンクを見つけて、いろいろな色を冒険してみるとよいでしょう。

 

私の場合は、春はさくら貝のピンク、夏は薄いブルーでクールに、秋は落ち着いたオレンジピンク、冬はローズピンクにラメという風にファッションというより季節で変えたくなりますね。

 

ルージュとお揃いでマネキュアをついつい買ってしまうこともあります。

 

最近は真っ赤な、マネキュアをつけている人は見たことないので、あまり人気はないのでしょうが、色白の人が赤い振袖の着物なんかとあわせたら個性的でけっこう素敵だと思うのですが。

 

ピンクが人気なのは、デコレーションしやすいというのもあります。

 

 

 

ネイル用品の種類

| 未分類 |

自分でネイル用品を購入して、爪のお手入れをするのに最適なものがいくつかあります。

 

自分の爪の質にあったものを選ぶといいでしょう。

 

まずは、ヤスリです。

 

表面のデコボコをなくして爪の形を綺麗に整え、なめらかにしてくれます。

 

自爪用のエメリーと人口爪用のファイルの2種類があります。

 

爪を保護するために使う、ベースコートがあります。

 

このベースコートは、ネイルケアの基礎となり、マニキュアを塗る前に使います。

 

化粧品で言う下地クリームのようなものです。

 

さあ、用意が整ったらいよいよマニキュアです。

 

マニキュアは、ネイルカラー、ネイルエナメル、ネイルポリッシュとも言われています。

 

最後に、トップコートを塗り、爪の強化保護として使います。

 

マニキュアを長持ちさせるためにもいいです。

 

エナメルリムーバーは、マニキュアを落とすための除光液です。

 

他にも、自爪や人口爪に貼って使うスカルプチュアとネイルチップがあります。

 

ストーンやビーズ、シール、ネイルピアス、ステンシルなどが飾りとしてあります。

 

ネイルサロンに行くと1回で終りですが、自分でお手入れから飾り付けまですると、案外リーズナブルで簡単にできてしまうものです。

 

 

 

ネイルベースコートの効果

| 未分類 |

a1210_000037

 

ネイルベースコートは、必ず使うことをお薦めしたいアイテムです。

 

どのネイルベースコートも爪を保護し、エナメルの使用で黄ばんで色素沈着することを防ぎ、爪を強化してくれます。

 

網目状のナイロン繊維でできていて、割爪や2枚爪、欠爪などを防ぐものもあります。

 

指先は、繊細な動きだけでなく、日常の中で苛酷な仕事をこなしています。

 

特に家事など水仕事や力仕事が多い方は、ベースコートで強化保護した方がよいでしょう。

 

また、爪の弱い方も、利用したほうがいいですね。

 

上手な塗り方は、真中、右、左と塗残しのないようにすることです。

 

濃い色のネイルを使う時は、ベースコートを薄く重ねて塗ると発色に効果的です。

 

爪の変色を防ぐだけでなく、マネキュアの発色よくし、ネイルアートを長時間保つことができます。

 

他にも、植物エキスやたんぱく質が多く含まれたネイルベースコートもあります。

 

爪の層を接着させ、爪の強化剤として割れ爪などを防ぎます。

 

ネイルのコンディショナーのようなもので、植物エキスがコンディションを整えます。

 

うっすらとピンクがかった色なので、ベースコートやネイルとしてそのままでも使えます。

 

自分の爪の質によく知ってから選ぶといいですね。

 

 

 

ネイルで綺麗な指先

| 未分類 |

ネイルで綺麗な指先を見ていると、何気ない手のしぐさがとても女性らしくなってきたと褒められました。

 

自分ではまったく意識していなかったのですが、自然と指先を綺麗に見せたいという気持がでてくるのでしょうか。

 

むかしフランス留学していた頃、旅先で知り合った老紳士に日本女性の指使い、手の動きはとてもエレガントで美しいといわれたことがあります。

 

メモ帳の紙を一枚切り取る指先の動きをみても、しなやかで優雅に見えるというのです。

 

日本女性と比べたら、外国の女性はわりとそういうところはおおざっぱかもしれませんよね。

 

ネイルを塗って、その時のことを思い出しました。

 

普段意識しなくても、ネイルを塗ったことにより指先まで緊張させて、美しい手の動きを自然にかもしだすことが出来ると思います。
ちょっとした身体の動きや指先がネイルを塗ったおかげで、綺麗に見えてしまうと思うのです。

 

忙しい日常の中で、ふと自分の指先に癒されて素敵なしぐさがつくれると嬉しいですね。

 

ネイルで綺麗な指先を作って、空想にふけってみるのも楽しいと思いませんか。

 

 

 

ネイルシールでかわいい爪

| 未分類 |

ネイルシールを上手に使えば、ぱっとみただけではサロンに負けないくらい可愛い爪に変身することができます。

 

例えば、普通のマネキュアを塗り良く乾かした後に、お花やハート、レースなどのネイルシールを爪の1ミリ程内側にそっと貼っていきます。

 

立体的なお花やパールもあり、本格的なデコレーションが作れます。

 

レースも切って使えますから、自分の好きなようにデザインできて楽しいですよ。

 

仕上げにトップコートをぬります。

 

水には強くなっていますが、2,2日ごとにトップコートをぬると長持ちします。

 

落す時は、除光液で一気に落して下さい。

 

ジェルネイルも同様で、無地のジェルネイルの上に好みのネイルシールを張っていきます。

 

仕上げには、薄くジェルネイルを塗るとより長持ちできます。

 

価格も安くいので、ネイルサロンは高額で無理だという方も利用できますね。

 

最近は100円ショップでも購入できますし、300から500円でもあります。

 

また、しょっちゅうデザインを変えてみたいという方にも、ネイルシールはさっと張り替えることができるので便利です。

 

10本指に分かれて売っているネイルシールは、デザインを考えるのが苦手な方や初心者でもそのまま使えるのでおすすめです。